若い税理士の方がイイ!って言うけど・・・どうして?








  ホームページにご訪問ありがとうございます。
  私が、35歳若い税理士の小西達也です。


そもそもあなたは今、どんな税理士をお探しなんですか?

世の中には、たくさんの税理士さんがいらっしゃいます。

税理士を探すためにインターネットで検索して、税理士さんのホームページを覗いて見ると・・・

   「経理記帳代行」
   「決算申告業務」
   「相続対策」
   「事業承継」
   「給与計算」
   「節税提案」
   「資金繰り対策」
   「経営支援」
   「顧問料○千円〜」
         などなど・・・

どの税理士さんのホームページを見ても、こんな感じで業務が列挙されています。

かく言う私も、後のページでは同じような言葉が並んでいるホームページになってしまっています。

つまり、検索しているあなたからすれば、「税理士はみんな同じ」ように見えているんじゃないかと思うのです。

では、仕事がほぼ同じなら、安いところに依頼しようと考えるのは当然だと思います。

・・・でも、少しお待ちください!

私の友人の話で、こんな悲しい話があったのです。

決算時のみの作業で、本来30万円の報酬を年額8万円に値切って依頼
税理士がついているとはいえ、決算申告のときのみ作業をする程度の関与状況。
決算期末までに届出書を出せば、消費税の簡易課税制度を適用することができたのに、
提出するかどうかのアドバイスがなかったために、消費税が原則課税となってしまい、
その結果届出書を出して簡易課税を適用させたときに比べ、納税額が40万円も
増加してしまった

⇒ 22万円(報酬の減少額)−40万円(税金の損害支出)
   =▲18万円(余計な損失支出額)

※守秘義務のため、多少アレンジしてます。実際の損害額はもっと大きかったです。

この話、どう思いますか?

すべての税理士がそうではないとは思いますが、こんなに気分が悪くなることもあるのです。


それでは、結局何で選べばいいんでしょうか・・・?

「やっぱり節税の提案してくれる税理士がいい!」
「いつでも気軽に相談できる税理士がいいなぁ。」
「税金以外のことも聞ける税理士がいいかなぁ。」
「納税情報を早く教えてくれる税理士が安心。」

・・・などが聞こえてきそうですが、

結論を申しますと、「担当する‘税理士’の人柄・相性」だと私は考えます。

 

それから、年配の税理士さんよりも、若い税理士の方が‘めっちゃ’いいみたいです。

「すぐに来てくれるし、若いし行動力があっていい!」
新しい情報にも勉強熱心で、いろいろ教えてくれる。」
「物事を柔軟に考えてくれる。」
「若いので、自分と同じ目線でいろんな話がしやすい。」
「自分より年下の税理士やし、年齢から考えて
          自分が死ぬまで面倒を見てくれる。」

と、私が対応するお客様が言って下さっていますので。


特に、若い会社の経営者には、若い税理士がピッタリ!

まずは、税理士小西と直接お会いして、相性が合うかどうかをお確かめください。

                         >>すぐに問い合わせる方はこちら

 

当事務所の特徴は、下記5点です!

  【その1】  新設法人・新規事業主向けのサービスが豊富です!
  【その2】  しっかりした35歳の若い『税理士』が直接対応します!
  【その3】  分かりやすい言葉で丁寧に説明します!
  【その4】  お客様とのコミュニケーションを大切にします!
  【その5】  お客様の将来を考えた節税手法をご提案します!

「こんな35歳の若い税理士でホントに大丈夫なのかなぁ?」とお思いのあなた!

当事務所のお客様の声をゆっくりとご覧ください。






































お客様に支持される35歳の若手税理士小西に興味がわいてきた方は・・・
                >>ココをクリック

 

税理士顧問報酬 モデルケース

当事務所では、お客様の「事業活動規模」「ご依頼いただく業務内容」に応じて、詳細に料金設定をしております。
月額顧問料は8,000円〜決算申告料は64,000〜で、最低年額は160,000円の安心価格設定です。※すべて税抜き表示ですので、別途消費税がプラスされます。

  <<モデルケース1>>

    ・ 年 商 : 「当社は年商約4,000万円で、製造業をしています。」
    ・ 業 績 : 「今年はほんの少し黒字になりそうです。」
    ・ 作 業 : 「会計ソフト(弥生会計)の入力はお願いします。」
    ・ 訪問数 : 「決算前に1度は打ち合わせをしたい。」
    ・ 入力量 : 「会計ソフトへの入力量は、50仕訳ほど。」
    ・ 消費税 : 「免税事業者(消費税を納税しない事業者)です。」
    ・ その他 : 「いつでも電話やメールで税金相談したい。」
   
       ⇒ 月額顧問料:18,000円決算申告料:125,000円
         (参考年額:18,000円×12ヶ月+125,000円=341,000円    

  <<モデルケース2>>

    ・ 年 商 : 「当社は年商約8,000万円で、サービス業をしています。」
    ・ 業 績 : 「近年は赤字になっています。」
    ・ 作 業 : 「当社で会計ソフト(弥生会計)の入力をしています。」
    ・ 訪問数 : 「半年に1回くらいはお会いしたい。」
    ・ 入力量 : 「会計ソフトへの入力量は、100仕訳ほど。」
    ・ 消費税 : 「課税事業者(原則課税)です。」
    ・ その他 : 「半期に1度の源泉所得税の集計もやってもらいたい。」
   
       ⇒ 月額顧問料:21,200円決算申告料:170,000円
         (参考年額:21,200円×12ヶ月+170,000円=424,400円   

  <<モデルケース3>>

    ・ 年 商 : 「当社は年商2億円で、小売業をしています。」
    ・ 業 績 : 「今年も赤字になりそうです。」
    ・ 作 業 : 「当社で会計ソフト(弥生会計)の入力をしています。」
    ・ 訪問数 : 「毎月訪問してもらいたい。」
    ・ 入力量 : 「会計ソフトへの入力量は、180仕訳くらい。」
    ・ 消費税 : 「課税事業者(原則課税)です。」
    ・ その他 : 「月次決算の報告をちゃんとしてもらいたい。」
   
       ⇒ 月額顧問料:35,000円決算申告料:190,000円
         (参考年額:35,000円×12ヶ月+190,000円=610,000円   


「自分の会社の場合はいくらなんだろう?」と思った方は・・・
                  >>こちらからお問い合わせを!

 

現在、お得な割引キャンペーンを実施中!

現在、下記のお得な割引キャンペーンを実施しております!今がチャンスです!

 □ 今月決算の法人様限定!:先着1社、月末までの契約の方だけ!
   かけこみ決算でその年度の決算報酬が半額に!
    →次年度以降も引き続きご契約の方

 □ 報酬一括払い割引:支払額の5%を割引します!
    →報酬年額を契約期間前に一括払いされる方

 □ 創業初年度特別料金プラン:通常の料金プランから特別割引します!
    →新設法人設立1期目や個人事業創業1年目の方

各種割引の重複適用もOKですので、とってもお得です!

※割引の適用に関しましては、「割引の名称」を添えて、
お問い合わせ下さい。
また、割引対象であることが分かるもののご準備もお願い致します。

「でも、いきなり契約するのはちょっと・・・」というあなた!

現在、『1ヶ月無料お試し体験顧問』を実施中ですので、どんな税理士かを確かめてから、契約するかを考えることができます!


まずは、無料相談でどんな税理士かを確かめてみましょう。